特定小型原付区分の新設で電動キックボードの保険料、来年4月から10%引き下げ

スポンサーリンク

特定小型原付の電動キックボード、自賠責保険料10%引き下げ

損害保険料率算出機構は、立ち乗りの二輪車、いわゆる電動キックボードの自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料を約10%引き下げる方針を明らかにした。この変更は来年4月から施行される予定だ。

引き下げの理由は、電動キックボードの最高時速が20km以下と低く、重大事故につながるリスクが低いためとされている。

特定小型原付区分の新設で電動キックボードの保険料、来年4月から10%引き下げ

最高時速20km以下なら運転免許不要、自賠責加入義務は継続

電動キックボードは、道路交通法上、原付きに分類され運転免許証が必要だったが、今夏の改正法施行により、「特定小型原付」区分が新設され最高時速20km以下などの条件を満たした機種が該当するようになった。これにより、16歳以上であれば、免許がなくても運転が可能となった。
改正道路交通法では、特定小型原付にも、ナンバープレート取り付けと自賠責保険の加入の義務が課せられている。

来年4月から施行、保険料引き下げで利用拡大の可能性

現行では、特定小型原付の電動キックボードの保険料は原動機付き自転車と同等だが、引き下げにより、約10%安くなる見通しだ。
正式に決まれば、現在の一般原付きで収めていた保険料よりも安くなるため、、一部の契約者には差額返還が行われる見通しとなっている。

まとめ

保険料引き下げにより、電動キックボードの利用が拡大し、事故が多発すれば、自賠責保険の保険料は再び上昇する可能性がある。
交通違反とは違い、事故はご自身や周りの方に怪我などの影響を与えることになります。
電動キックボード利用者一人ひとりが交通ルールを守って、安全に運転することで、保険料が低く抑えられ、安全な社会を実現することにもつながります。

タイトルとURLをコピーしました